女性がハゲる原因

女性だから抜け毛なんて関係ない、と考えている人もいるかもしれません。
残念ながら女性でも抜け毛はありますし、ハゲる可能性はあるのです。
特に最近の女性は、髪の毛を染めたり、トリートメントなどを通常より多く使っています。
なのでハゲる確率は、昔に比べると格段に高くなってきています。

40代になると髪のボリュームに、不安を感じやすくなります。
これまでと違ったフケやかゆみ、抜け毛などに悩み、対策が必要だと感じるようになるようです。
男性の髪が減っていく症状を一概に、AGEという総称で呼ぶことが多いです。
その代わりに、女性の髪が減った場合の正式な統一名称はありません。

まず瀰漫性脱毛症と呼ばれているものは、女性は男性のようにハゲることまではいきません。
しかし髪全体が薄くなり、特に頭頂部や髪の分けの皮膚が透けて見えてきます。
これが瀰漫性脱毛症といいまして、女性に1番多く見られる脱毛症と言われています。
瀰漫性脱毛症の原因は更年期前後によく見られ、女性ホルモンの急激な減少によって起こるとされています。

また若いうちに起こる場合は、ストレスやダイエットによる栄養不足や間違ったヘアケアが原因とされています。
しっかりとした栄養のある食事を意識しましょう。
また1日に1回のシャンプーやリンスで、すすぎ残しなどがないほどに丁寧に洗いながし、丁寧なブラッシングなどをしないようにしましょう。

批糖性脱毛症とは、乾燥したフケによる脱毛症のことです。
フケが毛穴を塞ぐことで炎症し、髪が成長できなくなってしまいます。
批糠性脱毛症の原因は、頭皮の脂をとろうと頻繁にシャンプーしたり、ゴシゴシ洗ってしまうことが原因です。
洗いすぎると必要な皮脂まで取り除かれて、過剰な脂の分泌を起こしてしまいます。
洗うにしても優しく傷を付けないように、できましたらお勧めは育毛シャンプーです。

他にも妊娠中に起こる「分娩後脱毛症」やいきなり髪が抜ける「円形脱毛症」などがありますが、これらは医者に相談するべきでしょう。
ページのトップへ戻る